理学部化学科 本文へジャンプ
大学で学ぶ化学

大学の化学って?


化学科、化学工学科、○△化学科といろいろあるけれど…

 このページを見ているあなたは、化学にたいへん興味があって、大学では化学を専攻してみようと考えていることでしょう。

 大学で化学を学ぼうとすると、受験で選択する学科には、理学部の「化学科」、工学部の「応用化学科」、「化学工学科」、 他にも薬学部系,農学部系や特殊な学部の「生物化学科」、「薬化学科」、「農芸化学科」などがあります。

 そのうち理学部の「化学科」が一番平凡そうで、高校化学の延長線上にあるような印象ですね。あながち間違いとはいえませんが、 高校化学とは結構大きなギャップがあります。理学系の化学は、化学の中の化学といえるもので、卒業する人材は他の化学系学科卒業生よりもずっと広い守備範囲をもつことができます。もう一つの特徴は、高校や中学の教員免許を取得することができることです。

 化学という学問はどのような成り立ちをしているのか、理学部化学科では何を学ぶのか、どんな応用と結びついているのか、をカリキュラムマップで概観してみてください。

授業がいろいろな分野の専門的な【化学】に分岐します: 専門教育科目

 高校までは一つの科目だった「化学」。しかし、「化学」は大変広い分野で、細かい内容を学ぶために分野を専門別に細分化することになります。大学の化学は、徐々に専門的な分野に分岐し、その分野の専門性の高い教員によって各科目の授業が実施されていきます。カリキュラムマップの授業科目をみて下さい。総合科目の「化学序論」「現代化学序論」から、基礎科目・体系科目では分析化学,有機化学,無機化学,物理化学,量子化学,生命化学などの大きな分類に分岐し、発展科目ではさらに専門性の高い科目に展開していきます。

 学科・履修コースによって定められた必修科目を除いて、履修選択は自由です。ただし、卒業要件に定められた条件をクリアーしなければ卒業できません。化学を修得するためには、全体のバランスのとれた履修が必要です。教職などの専門資格を取得するためには、その資格で定められた必要とされる科目を修得しなければなりません。

実験・実習は独立の科目として履修します

 高校までは、実験・実習は理科や化学の授業の中のほんの一部だったのではないでしょうか。大学の化学では、実験の比重が高くなります。「実験」は、化学研究や生産を行う上で必ず必要な活動です。化学科では、専門知識を得るための「講義科目」とそれを実践する「実験科目」の両方が並行して実施されます。専門知識と実験技術の両方をそろって修得して初めて化学者となりうるのです。大学では「実験」は独立の科目となっており、多くの場合卒業のための必修科目です。