愛媛大学理学部 化学コース
カリキュラムの特徴

愛媛大学理学部【化学コース】の授業カリキュラム


 専門教育科目は理学部共通基礎科目・コース体系科目・コース課題科目・理学部共通課題科目・キャリア科目から構成され、自分の興味や目指す将来像・キャリアパスに応じて選択して学習します

 開講される科目の中から自由に選択して履修します。ただし、コースの卒業要件に定められた条件をクリアーしなければ卒業できません。化学コースではコース課題科目の化学実験と化学実験法,理学部共通課題科目の科学研究倫理・特別演習T・Uは必修科目です。教職などの専門資格を取得するためには、資格の要件科目を履修しなければなりません。

 コアとなる化学実験は必修科目として履修し、実験技術と研究のスキルを身に着けていきます

 実験・実習科目(課題科目)は、授業で得た専門知識を体感する場であり、化学を実践する上で必要な実験技術を修得するための科目です。
 理学部では、2年次前期に基礎実験科目として、物理・化学・生物・地学の各分野の基礎的な実験があります。この実験科目は、理学部を卒業する上で常識的な、あるいは教職等で必要となる基礎技術を学ぶための科目です。
 化学コースの専門的な化学実験は、必修科目として2年次より配置され、学年を進めるごとに専門性が高まっていき、特別研究・課題研究へと引き継がれていきます。

他コース(数学・数理情報,物理学,生物学,地学)の体系科目を履修できます

 化学コースの科目を履修するのと並行して、他コースの科目を履修し、学問分野の境界領域や関連分野の知識を得ることができます。

4年次に進む(卒業見込となる)ために要件を満たす必要があります

 最終学年で理学部共通課題科目を履修するためには、修得単位の要件をクリアする必要があります。

卒業要件を満たせば卒業です。条件を満たせば早期卒業(3.5年間)が可能です

 理学部理学科の卒業要件は、4年間修学し理学部とコースが定めた基準に沿う124単位以上を修得することです。
 2年前期終了時点で十分な単位を修得し、その成績が優秀な場合には、早期卒業・留学支援制度(3.5年卒業)の適用を受けることができます。制度適用者は、修学期間を3.5年に短縮できるので、3.5年間での早期卒業や半年間の休学を含む4年間での卒業が可能です。