愛媛大学理学部 化学コース
ご挨拶             化学コース長 小原 敬士

現在を支え未来をになう化学


科学・化学を学ぶということ 

 化学は、物質の構造・性質・変化を原子・分子レベルで扱う科学です。化学とその技術は、人類文明の発展に大きく寄与してきました。私たちが日常生活で用いる染料,プラスティック製品,医薬品など,すべては化学の賜物です。また、生命現象は、分子レベルでみると化学物質とエネルギーの出入り・変化=化学反応により進行しています。このように物質の関わる事象,物質そのものの構造と性質など,物事の根本を理解し、それを応用して技術・文明を発展させる上で、化学の知識と技術が必要です。同時に、人が活動し,資源とエネルギーを消費し,さまざまな新規物質やツールを大量に生み出し続けることが、未来にわたり地球環境にどのような影響を及ぼすのか,考えをめぐらすことも重要です。
 愛媛大学理学部化学コースでは、化学のさまざまな領域を広く深く学ぶことで、化学現象を見つめる目を養うことができるように、体系的なカリキュラムが構成されています。4年次の理学部共通課題科目で実践的な課題に取り組むことで、論理的・客観的に対処できる能力・感性を磨くことができます。
 化学コースで修得した広い視野と深い洞察力、鋭い分析力は社会で専門家として未来を切り拓く上で役立つのみならず、皆さん自身が生きていく際に様々な問題について考え,解決するための能力としても活用されるでしょう。化学を学び、これからの未来を担う人として成長されることを期待しています。

大学院理工学研究科環境機能科学専攻

 企業・研究機関・大学等の技術者・研究者を目指す方には、大学院へ進学して、専門的技能をさらに磨くことをお勧めしています。