無機化学研究室の研究環境


研究室スペース

 理学部本館1階東側に中実験室2部屋、小分析室2部屋、学生研究室部屋と教員研究室2部屋があります。所属学生は、学生研究室に机をならべ、研究の拠点としています。


コンピュータ環境

 研究内容の守秘のため、個人パソコンの持ち込みを禁止しています。その代わりに、全学生にネット接続可能なWINDOWS-XPもしくは2000のパソコンを貸与しています。他に、分析装置制御用途に複数台のパソコンを所有しています。


研究室主要実験機器

装置名メーカー、型番設置概略
電磁波・電子線
X線回折(XRD)Shimadzu XRD-7000S2005年春納品、千葉大より移管
蛍光X線(XRF)Shimadzu EDX-900HS2005年春納品、千葉大より移管
紫外可視分光光度計(UV/vis)Shimadzu UV2200北村研より贈与
走査型電子顕微鏡(SEM)Topcon SM2002002年秋納品、千葉大より移管
イオンコーターEiko IB-32002年秋納品、千葉大より移設
その他の分析・評価装置
水銀圧入細孔径分布測定装置Quantacurome (USA) Poremaster-33P 2005年春納品、千葉大より移管
全自動気体吸着装置Quantacurome (USA) Autosorb-1MP2005年春納品、千葉大より移管
ガスクロマトグラフ分析(FID-GC)Shimadzu GC20142005年夏納品、千葉大より移管
強度試験機Shimadzu EZ-TEST2005年冬納品、千葉大より移管
試料合成装置
高温電気炉(常用1400℃)Ishizuka Denki IMHA-S2004年春納品、千葉大より移設

X線回折装置

XRD7000Sは、2kWのCu管球を光源とし、モノクロメーターを備えた試料水平型の汎用X線回折装置です。粉末試料測定用の標準試料台に加えて、薄膜測定用のアタッチメントが用意されているので、薄膜試料の測定も可能です。データ解析用にPDFIIのデータベースを装備しています。


  • Shimadzu 各種分析機器
  • ユアサアイオニクス 多孔体評価機器・Quantacurome代理店
  • JASCO 分光計
  • Rigaku X線関連、熱分析装置
  • JEOL 電子顕微鏡
  • Topcon 電子顕微鏡
  • Eiko イオンコーター
  • Tokyo Rikakikai 各種実験装置
  • Advantec 各種実験装置