Simple, Systematic, Symmetry and Chirality(SSSC)

research

     複合体化学研究室の4つの研究テーマ

introduction

     Research Activity

この研究を志望する方へ

2009
学生の研究指導にあたって第一に願っていることは、研究することの喜びに触れてもらいたいということです。卒業研究でも、オリジナルなことを行い、学会で発表したり、論文として出すように心がけています。学生実験と違い、未知の部分を含むテーマはうまくゆくとわかっているわけではありません。それでも、失敗を恐れず挑戦してほしいと思っています。困難や失敗を乗り越えるためには、日々“地道な努力”を重ねる以外にありません。いろいろな困難を柔軟な心で乗り越え、自分の前に新しい道を切り拓いていってもらいたいと思います。そのような研究を通して得られる経験は、社会に出た後に貴重な体験として人生の支えになることと思います。

募集中

2015
博士研究員、研究補助員(化学系で機械にも強い方)で一緒に研究して下さる方を探しています。

セミナー開催のご案内

2017年1月31日14:00-15:30 529号室

江口 美陽 博士(物質・材料研究機構 電子機能高分子グループ 主任研究員,首都大学東京 客員准教授 )による "層状ケイ酸塩表面における有機・無機色素の物理化学的挙動"セミナー開催
留学体験も踏まえてお話していただきました。聴講し議論いただきました皆様ありがとうございました。
2016年11月19日
新学術領域(理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学(新学術研究”柔らかな分子系”)の女子中高校生のためのアウトリーチ活動として、東工大田町キャンパスにて、おこないました。
2016年11月2日
四国オープンイノベーションワークショップin 松山でポスター発表をおこないました。詳しくは産総研 四国センターHPをご参照ください。
                         
2016年9月22日
日立返仁会:平成28年度四国クラスター交流会 技術講演会(共催:日立製作所研究開発グループ)を世話人として理学部で開催しました。 
 理学部本館 5F 529号室 参加費無料 
15:20-15:50 日本のものつくりの生き残りへ(アントレプレナーシップ)アップルとソニーの比較から 就実大学経営学部 教授 三枝省三 
15:50-16:20 CIGS薄膜太陽電池のプロセスの評価 愛媛大学大学院理工学研究科 教授 白方祥 
    聴講し、質問してくださった学生さんたちありがとうございました。                            
2015年10月9日
環境省 環境研究総合推進費補助金(H26−28年度 3K143012)による中間報告会として 愛媛大学メディアホールにおいて土壌中のセシウムイオンの挙動解明に関するシンポジウムを学内外4名の講師(東京大学大学院小暮敏博准教授、首都大学東京高木慎介教授、物質材料研究機構田村堅志主幹研究員、農学部松枝直人教授)をご招待し主催しました。内藤俊雄副理学部長からご挨拶いただき,土壌中のセシウムイオンの挙動解明と除染に関して基礎から応用まで、金子芳郎准教授(鹿児島大)に座長をしていただき、討論をおこないました。最後に山岸訪問教授(東邦大)より閉会のご挨拶をいただきました。100名近い教員の皆様、理学部、農学部、工学部の学生さんをはじめ、一般の方々にご参加いただき、長時間にわたるご聴講およびご討論大変ありがとうございました。シンポジウムの開催にあたりご協力いただいた笹井亮准教授(島根大)、小松正孝氏をはじめ多くの方々大変ありがとうございました。
20151009

20151009

2015年8月26日
大阪大学産研の宮田幹二招聘教授による”面状分子の2回らせん集合体における キラリティの発生” に関するセミナを開催しました。(理学部本館5F529号室13:30〜)セミナーと懇親会へのご出席とご討論ありがとうございました。

2013-09-09-10
日本化学会「低次元系光機能材料研究会」の第2回サマーセミナーを松山市道後において開催しました。詳しくは研究会HPとニュースレター(第4号2013年11月)をご参照ください。 "熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかないぬ今は漕ぎ出でな”

受賞

20170713
横浜国立大川村出准教授との共同研究で横浜国立大学 大学院工学府の尾澤夢実さん(修士1年)が、平成29年7月10日(月)から13日(木)の期間に、イタリア ヴァレーゼのインスブリア大学で開催された第3回Dアミノ酸研究国際会議The 3rd International Conference of D-Amino Acid Research (IDAR2017)において、Best Young Researcher Awardを受賞されました。
大変おめでとうございます。
20170427
20170302
2015-12-12
東邦大学 9th HighTech Research Center Symposium において共同研究先の東邦大学濱成美さん(B4)が”発光性イリジウム(III)錯体とアミノ酸との相互作用”(濱成美、北澤孝史、佐藤久子、山岸晧彦)でBest Poster Award を受賞しました。永谷勇哉さん(東邦大学 B4)が”バイオタイト粘土に吸着したCs+イオンの脱離”でBest Poster Award を受賞しました。大変おめでとうございます。
2015-9-18
2015-7-12-17
日本学術振興会特別研究員の佐々木俊之博士が平成27年7月12日(日)〜17日(金)に新潟県の朱鷺メッセで開催された「The 22nd International Conference on the Chemistry of the Organic Solid Sate (ICCOSS XXII JAPAN 2015)」において,「The International Union of Crystallography (IUCr) Young Scientists Awards」を受賞しました。
おめでとうございます。今回受賞した研究は,「Construction of Chiral Polar Crystals Composed of Hydrogen-bonded Layers by Halogen Bonds」です。ほとんどの有機分子は,中心対称性をもったアキラルな非極性結晶を構築します。本研究では,水素結合により形成される超分子をハロゲン結合によって集積させるという階層的結晶設計によってキラル極性結晶の選択的構築を達成しました。このような結晶は,そのキラリティーと極性に由来する特性によって非線形光学材料などの開発につながります。
2015-5-1
日本学術振興会特別研究員の佐々木俊之博士が日本化学会第95回春季大会で優秀講演賞(学術)( 1B7-08 八配位多面体型有機超分子クラスターの対称性)を受賞しました。 おめでとうございます。
2014-902-03
日本化学会低次元系光機能材料研究会の第3回サマーセミナー(無機ー有機複合材料の光化学と新展開)(佐渡)において、"発光性イリジウム(III)錯体間におけるエネルギー移動反応;粘土面上でのキラリティ効果(住恵理子、北澤孝史、山岸晧彦、田村堅志、佐藤久子)"で東邦大学理学部化学科M2の住さんが日本粘土学会研究会のポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。
2011-09-26
河野 和宏(B4) 第35回フッ素化学討論会で優秀ポスター賞を受賞。
「パーフルオロ基を有する有機ゲルのゲル化機構」
○河野和宏1,矢島知子2,山岸晧彦3,佐藤久子4
(1愛媛大理,2お茶大院人間文化創成,3東邦大理,4愛媛大院理工)

Latest News

2017/7/19-20
第6回環境放射能除染学会 研究発表会(福島市、とうほうみんなの文化センター)にて発表と座長をおこないました。
2017/7/9-12
Chirality2017 (ISCD-29) 29th Internatinal Symposium on Chirality (Waseda Univ. International Conference Center )(July 9-12)にて発表と座長をおこないました。
2017/6/16
遅ればせながら、研究室のキックオフとして歓迎会をおこないました。
20170616
2017/5/12-13
横浜国立大の川村出准教授とM1の尾澤夢実さんが測定と打ち合わせに来訪されました。
2017/4/26−28
東邦大学の山岸先生が測定と打ち合わせに来訪されました。
2017/3/24
卒業式: 上杉、後藤、瀧本の3名が無事卒業しました。おめでとう!!この1年間の経験を生かして、企業で、大学院でそれぞれの道を切り開いていってほしいと思っています。
2017/3/23-24
北里大学理学部化学科の吉田純講師が測定に来訪されました。
2017/3/16-19
日本化学会第97回年会(慶応大)発表。
2017/3/10
環境省環境研究総合推進費補助金の最終報告会をおこないました。
2017/3/4-3/7
国立研究開発法人物質・材料研究機構の石原伸輔主任研究員が測定に来訪されました。
2017/3/2
森田先生(NPO法人環境測定品質管理センター)が打ち合わせに来訪されました。
2017/3/1−2
鹿児島大学の金子芳郎准教授が打ち合わせに来訪されました。
2017/3/1−3
東邦大学の山岸先生が測定と打ち合わせに来訪されました。
2017/3/1
大阪大学の海崎純男招聘教授が測定に来訪されました。
2017/2/19
卒業研究発表会 上杉、後藤、瀧本の3名が発表をおこないました。
2017/2/1-2/2
お茶の水女子大学理学部化学科矢島知子研究室の叶野花菜子さん(B4)が測定に来訪されました。
2017/1/31
物質材料研究機構の江口美陽主任研究員の講演会と研究打ち合わせをおこないました。
2017/1/19-20
兵庫県立大の佐々木俊之博士が研究打ち合わせに来訪されました。
2017/1/16-19
Gyeongsang National Univ.(Prof. Jong Hwa Jung 研究室)のMs. Ka Young Kim (D2), Ms.Hyesong Park (M1)さんが測定に訪問されました。
2016/12/27
中間報告会および忘年会。
2016-10/27-10/28
新学術領域第4回公開シンポジウム(理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学(新学術研究”柔らかな分子系”)(名古屋工業大学4号館ホール)出席し、ポスター発表をおこないました。
2016/10/17-20
森田先生(NPO法人環境測定品質管理センター)、山下浩准教授(工学部)、金子芳郎准教授(鹿児島大)、田村堅志主幹研究員(NIMS)、小松氏、古鎌恵子研究補助員とダイキアクシス福島において環境研究総合推進費補助金によるミニフィールド装置を立ち上げました。
20161017
2016/10/12-14
森田先生、山岸先生(NPO法人環境測定品質管理センター)が愛媛大を訪問されました。
2016-9/26-28
低次元光機能材料研究会第5回サマーセミナ(島根、美保関)学生3名と参加しました。学生3名はポスター発表をおこないました。
2016-9/15-16
第60回粘土科学討論会記念大会(九州大学)に参加しました。
2016-9/13
九州工大の中戸研究室を訪問しました。
2016-9/10-12
第66回錯体化学討論会(福岡大学)に参加しました。
2016-9/2-3
信州大学工学部岡田友彦准教授の研究室を訪問しました。
2016-8/4
JSTマッチングプランナー鈴木博士の訪問をうけました。
2016-7/19-20
国立研究開発法人物質・材料研究機構の石原伸輔主任研究員と実験と討論をおこないました。
2016-7/16
日本化学会低次元光機能材料研究会のニュースレターで巻頭言を記載しました。
詳しくは研究会HPとニュースレター(第12号2016年7月)をご参照ください。
2016-7/6-8
環境放射能除染学会主催第5回研究発表会(福島市)で発表しました。また、国際シンポジウムに参加しました。 詳しくは環境放射能除染学会HPご参照ください。
2016-7/5
森田昌敏先生、山岸先生(NPO法人環境測定品質管理センター)、工学部山下浩先生、古鎌恵子氏とダイキアクシス福島事業所を見学しました。
2016-6/29-7/2
Gyeongsang National Univ.(Prof. Jong Hwa Jung 研究室)の 博士課程2年生のMs. Ka Young Kim さんおよび北九州市立大学ポスドクのDr.Leeさんと実験と討論をおこないました。
2016-6/23-6/25
東邦大学医学部において、山岸先生、高橋正行准教授(北海道大学大学院理学研究科)らに実験のご指導をおこなっていただき、討論をおこないました。
2016-6/22
愛媛県庁環境創造センター所長の森田昌敏先生(NPO法人環境測定品質管理センター)らと土壌からのセシウム除染に関する討論をおこないました。
2016-6/10
大阪大学産業科学研究所の川井清彦准教授が研究室を訪問してくださいました。
2016-6/9
Gyeongsang National Univ.の Prof. Jung および北九州市立大学ポスドクのDr.Leeさんと実験と討論をおこないました。
2016-6/6
愛媛県庁環境創造センター所長の森田昌敏先生らと討論をおこないました。
2016-6/3-6/4
北里大学理学部化学科の吉田純講師と実験と討論をおこないました。
2016-5/30-6/1
新学術領域第5回全体合宿会議(理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学(新学術研究”柔らかな分子系”)(あてま高原リゾートベルナティオ)に初めて出席し、口頭発表、ポスター発表をおこないました。 振動円二色性分光法の柔らかな分子系への応用を目指してゆく予定です。
2016-5/27-28
兵庫県立大学にて、”層状ナノシートの伝導性”で講演しました。工学部の松尾吉晃准教授、佐々木俊之特別研究員と討論をしました。
2016-5/20
日本化学会低次元光機能材料研究会の第5回研究講演会に出席しました。Prof. Josef Breu (Universitat Bayreuth, Germany)と討論できました。 詳しくは研究会HPご参照ください。
20160520

2016-5/12-5/14
山岸先生と実験と討論をおこないました。
2016-5/11
森田理事長らとCsの除染に関する討論をおこないました。
2016-420-422
佐々木博士とMolecular Chirality ASIA2016(Knowledge Captial Congres Convention Center, Oosaka)で発表しました。
2016-3-18-19
東邦大山岸訪問教授と実験と討論をおこないました。
2016-3-12
山岸先生同窓会主催の”ぶらぶらコンファレンス2016&ぶらぶら会”が東京大学伊藤国際学術センターおよび水月ホテル鴎外壮(上野)で開催されました。当研究室から佐々木博士が出席しました。幹事の小松正孝氏、猿渡和子博士、吉田純博士ご苦労さまでした。
2016-2-22-24
東邦大学薬学部の吉川晶子助教が研究室を訪問され、測定や討論を佐々木博士と一緒に3日間にわたっておこないました。
2016-1-21-23
東邦大学の訪問教授の山岸先生が研究室を訪問され実験や討論を3日間にわたっておこないました。
2015-12-17-18
大阪大学の特任教授の海崎純男先生が研究室を訪問され実験をおこないました。
2015-12-2-4
お茶の水女子大学矢島研究室の田淵氏(M2)と3日間測定をおこないました。
2015-11-20
広島大院理井上研究室の森田氏(M2)が訪問されました。佐々木博士と測定をおこないました。
2015-11-6
東京農工大の敷中助教が共同研究で研究室を訪問されました。
2015-9/29
大阪大学大学院工学研究科の松崎典弥助教が共同研究で研究室を訪問されました。
2015-9/25-26
低次元光機能材料研究会サマーセミナーに参加しました(福岡志賀島)。佐々木博士がポスター発表をおこないました。
2015-9/24
お茶の水女子大学の棚谷綾准教授、漆原さん(D1),昭和薬科大学岡本巌教授、伊藤愛助教が研究室を訪問されました。
2015-9/21-23
錯体化学討論会(奈良女子大)に参加しました:発光性イリジウム錯体を用いたエネルギー集約(ポスター)および山岸訪問教授(東邦大)による口頭発表をおこないました。 ”Emitting Properties of Cd(II)-Au(I) Bimetallic Coordination Polymers” (Toho Univ.; Ehime Univ.)○Akihiko YAMAGISHI・Kei HIRUMA・Hisako SATO・ Takeshi KAWASAKI・Takafumi KITAZAWA "イリジウム錯体を用いた粘土面における光エネルギー集約系の構築” (愛媛大院理工・物質材料研究機構・東邦大理) ○佐藤 久子・田村 堅志・北澤 孝史・山岸 晧彦
2015-9/17-18
第38回フッ素化学討論会(東京)参加しました。佐々木博士がポスター発表(最優秀ポスター賞) 矢島研の近藤氏(M1)がポスターを発表しました。
2015-9/15
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)、山下准教授(工学部)らと土壌からのCs脱離に関して討論しました。
2015-9/11
東邦大学にてセミナーをおこないました。
2015-9/3-5
粘土科学討論会(山口大学)。海崎特任教授(大阪大学)、および、田村主幹研究員(物質材料研究機構)との共同研究を発表。
2015-8/30-9/3
キラル分光に関する国際学会(CD2015)(北海道大学)に佐々木博士、海崎特任教授(大阪大学)と参加、発表しました。VCD(振動円二色性分光法)に関して議論を深めることができました。 "P-03 Control of Supramolecular Chirality Basedon Achiral AcidsConfirmed by Crystallographic Studies and VCD Spectra” Toshiyuki Sasaki, Mikiji Miyata, Ichiro Hisaki, Norimitsu Tohnai, Hisako Sato ”P-06 VCD Application for Perfluorinated Gel Formation Mechanism”Hisako Sato, Mika Sasaki, Erika Tabuchi, Emiko Nogami, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi ”P-52 Chiroptical Spectroscopy of Tetrakis((+)-heptafluorobutyrylcamphorato)lanthanide(III) Complexes with an Encapsulated Alkali Metal IonΔ-SAPR-8-M[LnIII((+)-hfbc)4]” Sumio Kaizaki,Dai Shirotani,GillesMuller,Hisako Sato,HirotoshiMori"
cd2015

2015-8-25-27
大阪大学の宮田幹二招聘教授と3日間にわたりキラリティに関する討論をおこないました。
2015-8-19-21
お茶の水女子大学矢島研究室M1の近藤さんと実験をおこないました。
2015-8-19
環境省環境研究総合推進費補助の今後の進め方に関してNPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)、山下准教授(工学部)らと討論しました。
2015-8-10-11
大阪大学の特任教授の海崎純男先生が研究室を訪問され実験をおこないました。
2015-8-3
環境省環境研究総合推進費補助の中間審査(ヒアリング)をうけました。 NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)、金子准教授(鹿児島大)、山岸訪問教授(東邦大)と環境省環境研究総合推進費補助金の進捗状況を討論しました。
2015-8-1
東邦大学にて小松氏、山岸訪問教授と環境省環境研究総合推進費補助金に関する今後の進め方を討論しました。
2015-7-30-8-8
山岸訪問教授(東邦大)や田村主幹研究員(物質材料研究機構)と環境省環境研究総合推進費補助金に関する討論と実験をおこないました。
2015-7-24
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)と環境省環境研究総合推進費補助金の進捗状況を討論しました。
2015-7-16-21
東邦大学理学部においてキラル金属錯体に関するコロキュウムをおこないました。
2015-7
イリジウム錯体のエネルギー集約系の論文が王立化学会Phys. Chem.Chem.Physのinside front coverに採用されました。2015年issue 28に掲載されました。Phys. Chem. Chem. Phys., 2015, 17, 18202-18202 DOI: 10.1039/C5CP90121A
201507
2015-7-13-15
東邦大学理学部山岸訪問教授、NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)、鹿児島大学大学院金子芳郎准教授と環境省環境研究総合推進費補助金の進捗状況を討論しました。
2015-7-8-10
環境放射能除染学会の第4回研究発表会(タワーホール船堀)で、越智さん、古鎌さん、米地さんによる実験結果を発表しました。最終日には国際シンポジウムに出席しました。環境新聞(2015年7月1日)に森田理事長のコメントが掲載されております。
2015-6-25-27
信州大学工学部の岡田友彦准教授と光学分割カラムに関して討論と実験をおこないました。シリカと粘土鉱物に関する講演をおこなっていただきました。
2015-6-22
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)とセシウム脱離方式に関して打ち合わせをおこないました。
2015-6-12-13
モレキュラーキラリティ2015(早稲田大学)に佐々木博士と出席し、発表しました。
2015-5-27
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)とセシウム脱離方式に関して打ち合わせをおこないました。
2015-5-25-26
大阪にてさきがけ”界面の構造と制御”の談話会に出席しました。
2015-5-11-12
大阪大学の特任教授の海崎純男先生が測定にこられました。
2015-4-1
大阪大学から学振PD(日本学術振興会特別研究員)で佐々木俊之博士、愛媛大学の工学部を退職された渡邉裕名誉教授がメンバーに加わりました。
2015-3-26-29
日本化学会第95回春季大会で発表しました。
20150323
大阪大学大学院工学研究科の佐々木俊之博士と、井田陽子氏が打ち合わせに研究室を訪問されました。
2015-3-20
2009年度卒業生の内藤大士さんが研究室を訪問してくださいました。
2015-3-20
2010年度卒業生の堤響子さんが研究室を訪問してくださいました。
2015-3-18
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)とセシウム吸着に関して打ち合わせをおこないました。
2015-2-26-28
東邦大学山岸訪問教授、小松氏とCs吸着脱離にに関する実験、討論をおこないました。
2015-2-23-24
大阪大学の海崎純男特任教授と測定をおこないました。2015年2月15日発行の”金属錯体の色と構造”’三共出版””をいただきました。
2015-0206
女性未来育成センタ主催エンパワーメント講座”のコーディネータをおこないました。ロレアルの實川学術部長、お茶の水女子大の矢島准教授にご講演いただきました。
2015-0205-7
お茶の水女子大の矢島研究室の田淵さん(M1)と3日間実験をおこないました。
2015-01-26
第32回無機材料に関する最近の研究成果発表会(材料研究に新しい風を) 日本板硝子材料工学助成会(第32回学術講演会)で講演しました。詳細は 日本板硝子材料工学助成会をご参照ください。
2015-01-24
新学術 柔らか分子系の第8回ワークショップでで講演しました。詳細は” 柔らか分子系HPをご参照ください。
2015-01-14
NPO法人環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)と土壌からのセシウム吸着脱離の今後の計画に関して打ち合わせをおこないました。
2015-01-08-10
東邦大理学部の蛭間君(M2)が測定に来られました。3日間実験をおこないました。
2015-01-07
東邦大の山岸訪問教授、森田昌敏客員教授(農学部)と土壌からのセシウム吸着脱離の研究に関して討論しました。
2014-1214-15
東京農工大の敷中助教とB4の菊地君が測定に来られました。
2014-12
東邦大の山岸訪問教授、環境測定品質管理センター理事長の森田昌敏客員教授(農学部)、鹿児島大の金子芳郎准教授、島根大の笹井亮准教授と土壌のセシウム吸着脱離の基礎研究に関して討論しました。
20141121
東邦大学理学部にて、キラルテクトニクスに関するセミナーをおこないました。
20141112
早稲田大学先進理工学部の菅原義之先生、大瀧君(M1)が共同研究に愛媛大を訪問されました。3日間一緒に研究をおこないました。
20141106
お茶の水女子大学矢島研究室の田淵さん(M1)が測定にこられました。3日間一緒に実験をおこないました
20141029-30
大阪ドーンセンタ―において、日本フッ素化学会主催の第8回フッ素化学セミナーで招待講演をおこないました(パーフルオロ鎖の自発的らせんに着目したゲル形成過程の解明の試み;振動円二色性分光法の応用)。第37回フッ素化学討論会に参加しました。
20141023
森田昌敏客員教授(農学部)(環境放射能除染学会理事長)(NPO法人環境測定品質管理センター理事長)と土壌からのCs除去に関する討論をおこないました。
20141011
北海道大学で開催された2014光化学討論会で発表しました。
20141001
東邦大の山岸訪問教授が実験にこられました。
2014-0929
9月29日から研究補助員の米地明美さんが着任しました。
2014-924-26
第58回粘土科学討論会(福島)で発表しました
2014-917-20
第64回錯体化学討論会(中央大)で発表しました
2014-912
東邦大学理学部化学科において、イリジウム錯体と粘土鉱物ハイブリッドLB膜を用いた酸素センシングに関してセミナーをおこないました。
2014-902-03
日本化学会低次元系光機能材料研究会の第3回サマーセミナー(無機ー有機複合材料の光化学と新展開)(佐渡)に出席しました。発光性イリジウム(III)錯体間におけるエネルギー移動反応;粘土面上でのキラリティ効果(住恵理子、北澤孝史、山岸晧彦、田村堅志、佐藤久子)で東邦大学理学部化学科M2の住さんが日本粘土学会研究会のポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。
2014-0828
北海道大学大学院地球環境科学研究院の加藤優助教が訪問されました。
2014-0807
技術員の越智美和さんの論文がNew J. Chem.にウエブ掲載されました。
2014-0801-02
早稲田大学先進理工学部の黒田一幸教授に大学院の特別講義とセミナ−をおこなっていただきました。
2014-0801
8月1日から古鎌恵子さんが研究補助員として加わりました。
2014-0731
農学部客員教授の森田昌敏先生が訪問されました。
2014-0731
東邦大学理学部北澤研究室のM2蛭間君、山岸訪問教授が実験にこられました。
2014-0728
お茶の水女子大学の矢島知子先生が訪問されました。
2014-0721
農学部主催の環境先端技術セミナーで発表しました。
2014-6月、7月
東邦大学理学部化学科で講義と振動円二色性の応用に関するセミナーを開催しました。
2014-07
第3回環境放射能除染研究発表会(郡山)で山岸先生、森田先生と発表しました。
2014-0626-28
大阪大学の海崎純男先生が実験にこられました。
2014-06
MC2014(仙台)でP01で発表しました。
2014年度から
環境省環境研究総合推進費補助金の研究を研究代表として開始しました。鹿児島大学金子芳郎准教授、東邦大学山岸訪問教授、NPO法人環境測定品質管理センター森田理事長との共同研究です。
2014-03
日本化学会が,2012年からこれまでに発行した学術雑誌の注目論文を集めた「CSJ Journal Report Vol.1」を発行し,Chemistry Letters誌に発表した論文がHot Articleに選ばれました。今回選出された論文は,世界で初めて粘土鉱物中のCsイオンの状態を原子レベルで調べたEditor's Choiceの論文で,東京大学大学院理学系研究科の小暮敏博准教授,東邦大学理学部の山岸晧彦訪問教授らとの共同研究です。
2014-03
日本化学会第94回春季年回(名古屋大)でお茶の水女子大矢島研究室、佐々木美香氏、野上栄美子氏と3連続で発表しました。
2014-03-7
日立返仁会関西支部四国クラスターが結成されました。2014年3月7日に佐藤が幹事で、松山にて、キックオフ会をおこないました。
2014-02-25
2014年2月25日に市ヶ谷のJSTにて、四国TLO主催の新技術発表会で酸素センサーに関して発表しました。
2014-02
大阪大学大学院工学研究科の佐々木俊之さん、井田さんが実験にこられました
2013-11
お茶の水女子大学の矢島知子研究室の佐々木美香さんが実験にこられました。11月に愛媛大学で開催されたミニハロゲン学会で発表しました。
2013-10
10月に島根大院総合理工 笹井亮研究室にてセミナーをおこないました。
2013-09
9月に日本化学会 低次元光機能材料研究会のサマーセミナーを道後で主催しました。山口大学川俣研究室の持田修平さん、富永亮さん、島根大学笹井研究室の竹川雅俊さん、新井栄作さん、加藤雪さんが土日および、当日の準備を行っていただきました。杉浦研の加藤優さん、複合体化学研究室の越智美和さんも学会運営を補佐していただきました。どうもありがとうございました。詳細は研究会のニュースレターをみてください。 今回の経験が参加いただいた学生さんの心に残ってくれること、そして、次の段階への新しい出発点となっていってくれることを主催者として切に願っております。 “熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかないぬ今は漕ぎ出でな”。
2013-09
鹿児島大学大学院理工学研究科の金子芳郎准教授と木之下翔太さんが実験にこられました。
2013-09
東邦大学理学部の北澤研究室の住恵理子さんが実験にこられました。
2013-09
9月に北海道大学大学院理学研究院化学部門錯体化学研究室の加藤昌子教授による集中講義とセミナーを実施しました。
2013-06-7
6月に大阪大学大学院 理学研究科山本茂樹先生が訪問されました。
2013-05-21
昨年度B4の品川君の平面型Pd2核錯体への軸性キラリティの卒業研究がDalton Transactionsに掲載されました。品川君の今後のますますの活躍が期待されます。
2013-05-21
大阪大学大学院工学研究科の佐々木俊之氏(D3)、宮田幹二名誉教授らとの共同研究によって、本研究室で開発した固体振動円二色性分光法で、超分子キラリティの予測が可能となりました。分子キラリティと超分子キラリティーとの間を結ぶことができれば、キラル超分子の形成機構を、分子のレベルから解明する重要な指針になると思われます。佐々木君の今後のますますの活躍が期待されます。
成果はNature Communicationsに掲載されました。
2013-01-07
日本化学会の機関誌「化学と工業」今月号の『私の自慢』に佐藤久子教授が執筆した「キラルテクトニクスの創成を目指して」が掲載されました。
2012-12-01
王立化学会(イギリス)のDalton Transactions誌"Inversion of axial chirality in coordinated bis-β-diketonato ligands"がInside front coverとなり,Webで公開されました。
121201
2012-11-30
科学技術振興機構A-STEP「FSステージ シーズ顕在化タイプ」平成24年度第2回公募において佐藤久子教授が研究責任者を務める研究課題 「積層ナノ薄膜を用いたリアルタイム多重発光性極微量酸素センサの開発」が採択されました。
研究開発期間は平成25年1月から平成25年12月までです。
2012-11-30
平成24年度オキシダント二次基準器による較正に係る研修・運営会議プログラムにおいて国立環境研究所など関係者の方々による当研究室の見学が行われました。
「イリジウム錯体-粘土LB膜を用いたガスセンシング」、
「粘土鉱物に取り込まれたセシウムイオンの脱離」について研究紹介を行いました。
121130-1

121130-2
2012-10-23
王立化学会(イギリス)のNew Journal of Chemistry誌掲載の論文"Dual emitting Langmuir-Blodgett films of cationic iridium complexes and montmorillonite clay for oxygen sensing"がHot Articleに選ばれ,またInside front coverとなりました。
K.Morimoto et al.(2012)cover
2012-09-27-28
東京国際フォーラムで開催されたイノベーションジャパン2012に出展しました。
展示テーマ「発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス」
120927-28IJ
2012-03-24
日本化学会のChemistry Letters誌で共同研究の論文"XRD and HRTEM Evidence for Fixation of Cesium Ions in Vermiculite Clay"がEditor's Choiceとして選ばれました。
Ver-Cs
内容の詳細については共同研究者の山岸晧彦先生(東邦大学)のページをご覧ください。
2012-03-02
2012年度卒業研究学生配属。
2011-01-18
2011-09-26
河野 和宏(B4) 第35回フッ素化学討論会で優秀ポスター賞を受賞。
「パーフルオロ基を有する有機ゲルのゲル化機構」
○河野和宏1,矢島知子2,山岸晧彦3,佐藤久子4
(1愛媛大理,2お茶大院人間文化創成,3東邦大理,4愛媛大院理工)
110926poster
2011-08-01-02
川合 眞紀 先生(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授、独立行政法人理化学研究所 理事)による集中講義が開講されました。
2011-08-01
森本 和也 助教 複合体化学研究室に着任。
2011-04-01
王立化学会(イギリス)のChemical Communication誌"Molecular origin for helical winding of fibrils formed by perfluorinated gelators"がBack coverとなり,Webで研究室が紹介されました。
back_cover

Update

Acess

〒790-8577愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学理学部本館5階
愛媛大学大学院理工学研究科(理学系)
環境機能科学専攻分子科学コース